山びこ幼稚園について?目標・理念?

教育目標

問いかけに いきいきとした 返事が返ってくる子ども

教育理念

命をはぐくむ

子どもの内なる欲求・興味を、作業活動という形で表現し、満足しながら自らを自分で造り上げていくことを喜びと力を与え、心豊かな人格形成を実現。
教師はその子どものテンポにゆっくりと寄り添い、経験させてあげ、子どもがひとつづつ大切に身につけ成長していくことを援助する。

大切にしていること

子どもが、自然の恩恵を受け十分に活動すること
子どもが、活動を通して 生きる基本を培うこと
子どもが、身に付けた知識や技術や常識・機能を持った豊かな表現活動を行えること

ねがい

子どもが、培われた自立心・自主性をもって自分の力でくりひろげる活動の楽しさを得られるように
子どもが、整えられた環境の中で生活することでより、自ら活動しながらルール感を体得していけるように
子どもが、思いやりの心、あたたかい心をふくらましていけるように
子どもが、健康な心と体をつくっていけるように
子どもが、節度や礼儀を身につけていけるように

モンテッソーリ教育とは

イタリアが生んだ最初の女性学者で精神医学者であり優れた教育者であるマリア・モンテッソーリ(1870〜1952)が提唱し実践した教育です。
彼女は、適切な環境と援助が与えられるならば、子供は自ら成長するものであることを発見し、 世界の教育界に大きな影響を与えました。
現在まで世界各国に普及し、教育学会、心理学会、精神医学会においても、卓越性が再認識されています。
人間形成の一番大切な時期に、自主性、協調性、社会性を育み、創造性を発揮しつつ、お仕事(日常生活の練習・ 感性教育・数教育・言語教育・文化)をとうして、物ごとにじっくり取り組み、 喜びに満ちた本来の子供の姿を実現する幼児教育です。